株式会社三ツ星 滋賀工場

URL:www.kk-mitsuboshi.co.jp/
 
造るから創るへ個性を発揮する企業


事業内容
 
当社は1919年の創業以来、産業の第一線で活躍する電線、樹脂成形品を通じて社会に貢献し続けています。滋賀工場は1980年にゴム電線類の生産ラインを集約した工場として稼動開始、1987年にはプラスチック電線類の生産ラインも集約。キャブタイヤケーブル・コードを中心に各種電線用素材の開発から製造〜供給迄を行う一貫体制を確立しています。
キャブタイヤケーブルをはじめとする各種電線は、天然ゴム・合成ゴム・プラスチック樹脂等を主原料とし、これら素材の特性を最大限に引き出し、常に高品質な製品を生産し続け、様々な産業の現場をサポートしています。
 
 

 

当社の特徴
当社の最高の財産は「人」です。人財力こそが企業の運命を決定づけますので、社員の能力向上を最重要のテーマとし、各種研修制度で積極的な人材育成に取り組んでいます。また、定年退職後の継続雇用制度により技術の継承、後継者育成にも注力しています。

福利厚生
各種社会保険(健康保険、厚生年金、厚生年金基金等)、財形貯蓄、退職金、社員持株会などの諸制度があり、施設面では独身寮、会員制リゾートクラブ(淡路島・軽井沢)を完備しています。また、各種レクリエーションは、従業員同士のコミュニケーションや情報交換を図る場となっています。

 

製品紹介
キャブタイヤケーブル
天然ゴム・合成ゴム・ポリ塩化ビニル等を被覆材の原材料とし、600V以下の移動用電気機器、配線、及びこれに類する用途に使用されるケーブルです。当社の主力製品として素材加工から製品化までトータル的な生産体制を機軸に産業界への供給を図っております。

スターミックケーブルシリーズ
多目的産業用キャブタイヤケーブル(Multi.Industrial.Cabtyre.cable)の総称で各種用途に応じた移動用ケーブルをシリーズ化したものです。耐屈曲性、耐捻回性等、汎用キャブタイヤケーブルに比べ格段に優れた性能を有しており、あらゆる移動用電気機器への御使用に際し、高い信頼性、機能性、ロングライフを発揮します。

溶接用ケーブル
天然ゴム・合成ゴム・耐燃性架橋ポリエチレンを主原料とし、主にアーク溶接機の2次側に使用されるケーブルです。造船業界等で幅広く使用されています。

 

PROFILE
 
企業名
株式会社三ツ星 滋賀工場
 
所在地
〒520-3306
滋賀県甲賀市甲南町柑子1061番地3
Yahoo!地図へ
 
設 立
1980年(昭和55年)10月/滋賀工場
 
従業員数
90名(滋賀工場)
 
資本金
11億3,651.8万円
 
製造品目
天然ゴム、合成ゴムキャブタイヤケーブル・コード/ビニルキャブタイヤケーブル・コード
 
TEL
0748-86-6104
 
FAX
0748-86-2103
 
HPアドレス
www.kk-mitsuboshi.co.jp/ 
ホームページへ

 

カテゴリー
 業 種
非鉄金属
 
 エリア
甲南
[ 戻る ]
ページトップへ戻る

サブメニュー

お問い合せ

Copyright(c) 2012 Koka City Industrial Association.

Database Factory