ショット日本株式会社
(英文社名 SCHOTT Japan Corporation)

URL:www.schott.com/ep-japan
 
私たちはお客様の感動を呼ぶ企業を目指します。


事業内容
 
当社は、1960年に新日本電気(株)水口工場として操業を開始し、2000年に日本電気とSCHOTTの合弁会社である「NEC SCHOTTコンポーネンツ(株)」に生まれ変わりました。そして、2017年にSCHOTTの完全子会社となり、社名を「ショット日本株式会社」に変更しました。これまでの期間一貫して、甲賀市水口町にて、電子部品(気密端子(GTMS)/温度ヒューズ等)の開発・製造を行い、お客様に信頼性の高い製品を提供しています。
 
 

 

当社の特徴
親会社のSCHOTT(ショット)は、ドイツに本社があり、特殊ガラス、ガラスセラミックの分野において世界をリードするテクノロジーグループです。このSCHOTTグループの中で、当社はエレクトロニックパッケージング事業部に属し、気密端子(GTMS)や温度ヒューズといった電子部品の開発・製造・販売をグローバルに行っています。
社内での合言葉は、「目立たないけど世界一」で、常に参入市場でのトップシェアを目指しています。

 

製品紹介
気密端子
ガラスと金属の封止技術を用いた気密端子は、高い信頼性が必要とされる電子部品を腐食や湿気などの様々な環境条件から保護すると同時に、気密封止された状態で電気信号を取り出すことを可能にします。
[用途]エアコン・冷蔵庫等のコンプレッサー用、車載用、水晶振動子用など

温度ヒューズ
温度ヒューズは、多くの家電製品に使われており、加熱を察知すると速やかに回路を遮断し、電気機器の破損や火災を未然に防止する役目を果たしています。さらに、リチウムイオン電池用保護部品としてのバッテリープロテクターも提供しています。
[用途]家電製品用、デジタル家電用、リチウムイオン電池用など

 

PROFILE
 
企業名
ショット日本株式会社
(英文社名 SCHOTT Japan Corporation)
 
所在地
〒528-0034
滋賀県甲賀市水口町日電3番1号
Yahoo!地図へ
 
設 立
2000年(平成12年)9月14日
 
従業員数
180名
 
資本金
17億円
 
製造品目
気密端子(GTMS)/温度ヒューズ等
 
TEL
0748-63-6610(代表)
 
FAX
0748-63-5134(代表)
 
HPアドレス
www.schott.com/ep-japan 
ホームページへ

 

カテゴリー
 業 種
電気機械器具
 
 エリア
水口
[ 戻る ]
ページトップへ戻る

サブメニュー

お問い合せ

Copyright(c) 2012 Koka City Industrial Association.

Database Factory